猫がいる部屋でプルームテックはダメ!!!プロピレングリコールはペットに有害?

ペットと一緒に住んでいる方はどんどん増え続けているそうですね。

気になるのは「猫や犬への影響」。法律的なことも含めて健康被害の報告を紹介していきます。

特にプルームテック。ニコチンはもちろん、プロピレングリコールが良くないことがわかってきました。

  • VG =植物性グリセリン
  • PG =プロピレン グリコール

最近のメインになりつつある電子タバコですが、他にも人気リキッドもPGを含んでいます。

猫注意!ペットフード安全法で「ダメ!」

2009年6月1日に施行された安全性に関する法律「ペットフード安全法」によると、「プロピレングリコールを猫のエサに使ってはダメ」となっています。

プロピレングリコールはニコチンや電子タバコ用リキッドに含まれる「潤滑油」みたいなものです。香りが「ノリやすくなる」と言われ、PGフリーのタイプもありますが、PGアリは吸いやすいメリットがあって人気があります。

プロピレングリコール(PG)で溶血性貧血になるかも

血液内のハインツ小体が増えたり、血液への悪い影響が研究でわかっています。

PGが猫の体内に入ると「溶血性貧血」になるかもしれないと言われています。

どんな症状かというと

  1. ふらつき
  2. パニック
  3. 嗚咽
  4. トイレが多い
  5. お腹がユルい
  6. 心臓が早い
  7. 呼吸が早い
  8. 弱ってくる
  9. 酔っぱらう
  10. 引きつけ
  11. ブルブルする
  12. 気を失う

などなど12項目。症状が出たらスグにお医者さんに診てもらいましょう。

はじめは気がつかなくても、徐々に来るので重症になる前にしっかり気をつけたほうが良さそうです。PGが猫の「毛」について、それを舐めてを繰り返すと・・・。PGは吸湿性が高く、腸の水分を奪ってしまうため、問題が起こってしまいます。

換気もしないで家の中でプルームテックや Vape を楽しむのは控えたほうが良さそうですね。

PG無しでVG有りのリキッドは?

フルスペクトラム系のリキッドの中には、PGを含まない「VGのみ」があります。VGは植物性グリセリンで、植物性というくらいだからPGよりは安全そうですね。

ヘンプルシッド社製、エリクシノール社製のCBDリキッドはPGを含まない、VGオンリーのタイプです。動物用のCBDオイルもあるくらいなので、万が一吸引してしまっても大丈夫そうです。でも気化させると吸収率が高いし、人間より影響が大きそうで心配ではないですか?

私も猫が嫌がるので、部屋を変えて換気しながら吸ってます。別に面倒だとは思わないですね^^

ってゆーか嫌われたくないですからね!猫様に 笑。

言うまでもありませんが、JT の Ploom TECH(プルームテック)はニコチンとPGのダブルパンチなのでマジで気をつけておかないと後が怖いですね。

結論:ペットを愛する者として換気はマスト!

愛猫・愛犬家ならペットを大事にするのは当然です。「ちょっとでもストレスなく人生を謳歌してほしい」と願うなら、一服のマナーは気をつけたほうが良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です