気をつけたいこと」カテゴリーアーカイブ

吸いすぎは問題ない?

吸いすぎは喉を乾く原因になるので、吸いすぎはやっぱり控えた方がイイです。

どうやら植物性グリセリンに原因があるみたいですね。グリセリンは保湿剤として使われていますが、同時に吸収する力も強く、喉の水分を奪ってしまうそう。

お酒もニコチンタバコもそうですが、何事もホドホドが一番なのでしょう。

吸う量は1日あたり「20mg」を目安に、50mgも摂取できれば十分満足できます。

もしそれ以上吸ったとしても過剰摂取になる可能性は低いためご安心くださいね!

*1日1.500mgを28日連続でも問題ナシとの報告あり。

吸いすぎで過剰摂取にはなりませんが、喉への負担が増えることは気をつけておくとイイと思いますよ。

続きを読む

スゴイ、安全管理が徹底されたメーカー!

2年ほど前に「ヘンプオイル」が美容と健康を意識する方の間でヒット。ようやくCBD製品も注目を集めるようになってきました。

輸入解禁された2013年頃、不透明な品質管理で安全性が軽視されていました。

同じ生産地なのに、違うメーカーを装っていたアメリカのメーカーが問題になりました。

科学的に作られたものを自然由来と偽ったり、多くの方が被害に遭われたようです。

2015年頃、アマゾンでも取り扱いを始めますが、中には肝心の成分が全く入っていない粗悪品もありました。当局(FDA)が根拠を明らかにしたことは、海外ではかなりニュースになったそうです。そんなこともあって、アマゾンでは現在でも製品を扱っていませんね。

国内でも必要とする人が多くなってきたました。ニュージェネレーションのサプリメントとして体感を期待されているかもしれませんが、濃度がすくなすぎたり、違法的に輸入しているメーカーも多く存在するそう。

成分量や濃度の表記を明かりづらくしているメーカーは避けたほうが身のためです。

例えば当サイトでご紹介しているプレミアム・CBD リキッドは10㎖ に500㎎ のCBDが入っています。他のメーカーでは 30㎖ に 500㎎ のものは、全体の濃度は単純に 1/3 になります。1㎖ あたりの価格で比較するとわかりやすいですよ。

濃度に対してあまりに高すぎる製品は、手を出すべきではありません。

スロベニアにある「ファーマヘンプ社」は、ヨーロッパの40年の歴史が詰まった商品を販売しています。電灯ではなく太陽の光でオーガニックに育てられたヘンプを使っています。

使っている成分は多くが純度99%のCBDを使っています。

どんな意識で作られた商品なのか。ということが何よりも大事になってきます。

できるだけ濃いオイルを、できるだけ続けること。それが健康を増進させるための近道だと言われています。ということは、純度99%で作られたCBD製品は、手に入る中でもベストのものであると言えます。

ファーマヘンプ社は濃度の管理はもちろん、品質のチェックも徹底されています。

安心して続けるために作られた商品だけを取り扱っています。

ファーマヘンプ社の製品を扱う公式代理店はコチラから

CBD リキッドは5%くらいが最大濃度ですが、それでも満足できない方はペースト状になったメディカルグレードを試してみてはいかがでしょうか。一番人気は50%濃度です。価格設定は高めですが、まとめ買いだと思えば安いです。1㎖ あたりのコスパは非常に高くなります

【店舗】メディカルグレード CBDペースト・販売店の4商品まとめ

メーカー製品を買う前に知っておきたい!原料の栽培方法

生活のバランスを維持するためのサプリメントとして、CBD製品が多くの人に知られてきている印象を受けます。

製品といっても、最近では形や使い方が全然違うタイプも多く販売されるようになりました。

濃度や純度ばかり気になっちゃいますが、実は原料がどのように栽培されているのかは、非常に重要なポイントになります。

種類が多いのは嬉しいことですが、安全性で選ぶならドレを選んでイイのか、特にイージーユーザーにはわからないのではないでしょうか。

私自身、オーガニック農法を学んできた経験から、作物の栽培方法について気になっている次第です。安心して毎日使い続けたいですもんね!

粗悪なサプリメントは逆にあなたの健康を害する可能性があります ^^;

ということで、メーカー製品を買う前に知っておきたいことをまとめてみました。

続きを読む

猫がいる部屋でプルームテックはダメ!!!プロピレングリコールはペットに有害?

ペットと一緒に住んでいる方はどんどん増え続けているそうですね。

気になるのは「猫や犬への影響」。法律的なことも含めて健康被害の報告を紹介していきます。

特にプルームテック。ニコチンはもちろん、プロピレングリコールが良くないことがわかってきました。

  • VG =植物性グリセリン
  • PG =プロピレン グリコール

最近のメインになりつつある電子タバコですが、他にも人気リキッドもPGを含んでいます。

続きを読む

カンナビノイド足りてますか?慢性的に不足すると・・・

ヘンプは昔から人間と一緒にありました。食べられる、着られる・・・などなど昔の人たちは生活の資源として栽培してきました。

アメリカでも100年ほど前までは、薬局で売られているサプリメントでした。なんとお医者さんが処方箋を出してくれていたそうです!

ところが1930年を過ぎると、無理な税金上げが起こり、農家が極端に減少。生産されないものは、どんどん忘れてしまいます。

いよいよ少なくなると、普段の食卓に上ることがなくなり、慢性的にカンナビジオールが不足になっていきます。

同じことが日本でも起こっています。

麦にも含まれるCBD。どんな原料かは関係なく、カラダはある意味「自動的に」エンドカンナビノイドシステムと作用します。

それくらい身近なものだってことですね。

*エンドカンナビノイドシステム=ECS

続きを読む