がんを治療しないオプション

がんを治療しないオプション

あなたががんを治療しないと聞いたらどう思いますか?
・あなたは絶対にそれを扱うべきです。
私はそれが治療なしで大丈夫だと聞いた

いろいろな意見があると思います。

疼痛は癌治療に関連する。
さらに、年を重ねるほど治療のリスクが高くなります。
しかし、がん(または一般的な病気)は年を取る可能性が高くなります。

たとえば、90歳で平均寿命が1年であるとします。
あなたがいたらあなたはどうしますか?

あなたが90歳の場合、外科や投薬は危険です。
残念ながら、治療がうまくいっても生存者に生存期間が存在する。

たとえ若者でさえ、彼らを不当に扱わないと思う人もいます。

そこに出てくる選択肢は、「治療しない」という選択肢です。
それは幸せな人生を生きるという考えではなく、否定的な意味ではありません。

医療業界には技術用語QOL(Quality of Life)があります。
それは人生の尊厳を意味します。
治療の考え方はずいぶん前から変わってきました。
過去には、自分が病気であるとは言わなかったことがよくあります。
現在、基本的にはプリンシパルに通知することを意図しています。
それは、個人の意志を無視して治療をするのは必ずしも正しいとは限らないからです。

日本人2人のうちの1人は、生涯に一度がんになると言われています。
「いつか癌になるかもしれない…」緊張する必要はない
あなたとあなたの周囲ががんになるとき、あなたが取る選択は個人的な自由です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です