各種がんの症状概要①(簡略化版)

各種がんの症状概要①(簡略化版)

・肺癌
咳、痰、血痰、発熱、胸痛など

・結腸直腸癌
血便、腹痛、下痢、便秘、体重減少など
場所は場所なので、私たちはしばしば痔核に間違いがありますので注意が必要です

・胃癌
胃の痛み、胸やけ、不快感、悪心、食欲不振など

・ 肝臓がん
食欲不振、くすみ、軽度の発熱など
肝臓癌は初期症状を発症する可能性は低いが、B型肝炎、C型肝炎
多くの人がいるので、定期的に検診を受けることをお勧めします。

・膵がん
腹痛、食欲喪失、交絡、背中と背中の痛みなど
肝臓癌と同様に、早期症状のためには困難であり、また、膵臓に位置することが困難な癌でもある。
慢性膵炎や糖尿病の人は罹患しがちですので、気づいたら定期点検を受けることをお勧めします。

・ 乳がん
乳房の塊、乳房の皮膚の発疹および湿疹。
それは女性に特有のようですが、男性にも負担がかかります。

・ 子宮頸癌
魚と月経血の増加
最初はほとんど無症状であるが、それは非常に早い段階で容易に見つけることができる
女性は2年に1回のスクリーニングにおすすめです。

・前立腺癌
排尿困難、頻尿など
早期はほとんど無症状です。進行すると、背中の痛みや血尿がみられることがあります。

がんを治療しないオプション

がんを治療しないオプション

あなたががんを治療しないと聞いたらどう思いますか?
・あなたは絶対にそれを扱うべきです。
私はそれが治療なしで大丈夫だと聞いた

いろいろな意見があると思います。

疼痛は癌治療に関連する。
さらに、年を重ねるほど治療のリスクが高くなります。
しかし、がん(または一般的な病気)は年を取る可能性が高くなります。

たとえば、90歳で平均寿命が1年であるとします。
あなたがいたらあなたはどうしますか?

あなたが90歳の場合、外科や投薬は危険です。
残念ながら、治療がうまくいっても生存者に生存期間が存在する。

たとえ若者でさえ、彼らを不当に扱わないと思う人もいます。

そこに出てくる選択肢は、「治療しない」という選択肢です。
それは幸せな人生を生きるという考えではなく、否定的な意味ではありません。

医療業界には技術用語QOL(Quality of Life)があります。
それは人生の尊厳を意味します。
治療の考え方はずいぶん前から変わってきました。
過去には、自分が病気であるとは言わなかったことがよくあります。
現在、基本的にはプリンシパルに通知することを意図しています。
それは、個人の意志を無視して治療をするのは必ずしも正しいとは限らないからです。

日本人2人のうちの1人は、生涯に一度がんになると言われています。
「いつか癌になるかもしれない…」緊張する必要はない
あなたとあなたの周囲ががんになるとき、あなたが取る選択は個人的な自由です。

予防のための運動

予防のための運動

がんだけでなく、病気を予防するために運動することは大切です。
運動は人によって向き不向きがありますし、運動そのものが嫌いな人もいると思います。
ですが予防のための運動とは”体を動かすこと”です。
ですから毎日3kmのランニングとか、会費を払ってジム通いなんて事までする必要は全くありません。

・ウォーキング
散歩でも全然OKです。
とくに朝方に体を動かすことで、体温が上がり代謝が良くなります。
体を動かすことでお腹も自然と減りますから、食生活も規則正しくなります。

・ストレッチ
目指せ180度開脚!そんな目標を持ってもいいですが(笑)、無理なくできる範囲で
構いません。
ストレッチと聞くと、流石に運動している内に入らないんじゃ・・・
なんて思うかもしれませんが、そんなことはありません。
ストレッチをするだけで体温は上がります。
何より体を動かす習慣をつけるという考え方から、大いに意味があります。

ほら簡単に続けられそうでしょう?

がん予防のために運動するうえで大切なのは、無理をせずに継続することです。
継続は力なり。正にその通りですね。

4つの基本的な知識ががんを恐れてはならない

4つの基本的な知識ががんを恐れてはならない

・がん細胞が形成されるまで
がん細胞の起源は正常であり、それは通常の細胞である。
その正常な細胞に異常が生じ、増殖することにより癌細胞になる。
万一に備えて
通常、癌抑制遺伝子は細胞の異常や増殖を引き起こさないように作用するが、癌細胞は増殖しやすいが、これはうまく機能しないためである。
通常の細胞とは異なり、がん細胞は増殖が始まると永遠に増殖し続けるのが面倒です
プロパティがあります。

・他の人には見えない
遺伝という意味でも、癌そのものは他の人に影響を与えません。
しかし、肝臓癌などは、C型肝炎、
そのような場合には避けることができます。

・がんは治癒しません!何?
そんなことは全くありません。
多くの人が5年生存率という言葉を聞いています。
ステージIの初期段階で治療が開始されるとよく​​聞きますが、多くのがんは5年生存率
それは80%以上です。

・癌の発生率と年次死亡率の増加
私はそれを何度か紹介しましたが、日本人2人に1人が一生に一度服用しています。
「日本の死因はいや、1」と言われることも多いですが、心配はあまりありません。
万一に備えて
日本は長寿の国ですから。
死亡者数は年齢とともに増加します。
言い換えれば、このデータは高齢化社会ですが、それは遅いデータです。
最初は4人に1人が高齢者であるというデータがあるので、
日本人だけががんになりやすいのではない。

あなたが癌になるのを防ぐにはどうすればいいですか?

あなたが癌になるのを防ぐにはどうすればいいですか?

病名 “がん”。
文字通り頭を打つような衝撃を感じませんか?
この恐ろしい言葉の音で、私は通知された時のショックが大きくなると感じます。

癌は医療技術の著しい進歩により治癒不可能な病気ではないと言われていますが、そのイメージは依然として永続的です。

放射線と抗癌剤療法の副作用に悩まされ、彼は多くの考えで亡くなりました。
私はそのような話を聞いたことがあるかもしれません。

がんの原因を知っていれば、少しでもそれを取り除きたいです。

一般に、喫煙、偏食習慣、ストレスなどは、癌の可能性のある原因としてよく知られている。

一方、私は飲んでいないか、喫煙していない、私は味わいと脂っこいものに耐え、運動、私は健康にもっと注意していた、私は癌になった。
そのような人はあまりいません。

心配する必要はなく、心配する必要はありません。
さて、何をすべきか、何をすべきか考えてみましょう。

・多すぎる喫煙
・多すぎるアルコールを飲む
・脂肪や塩分が多すぎる
・あまりにも忍耐がある
・あまりにも心配

はい、良いか悪いかで、何かが過剰だと言うのが一般的です。
バランスの取れた、適度なやり方ですべてを行うのが最善だと言われています。

そんな自然なことは何だったのだろう?
しかし、毎日の普及を図ることが重要です。

男性特異的な前立腺癌

男性特異的な前立腺癌

*前立腺は男性のみの器官で、膀胱の近くにあります。
罹患率も高く、高齢化する傾向があります。
しかし、私はこれがまた、ライフスタイルを改善することによって予防できることを理解しています。

*女性特有の乳がんを紹介しましたが、実際にはまれな男性も出現する可能性があります。
罹患率はかなり低く、全癌患者のわずか0.8%であるが、男性の乳癌は依然として
それが存在します。

*あなたが知っておくべきことは、男性=乳がんではないという考えによって発見が遅れることです。
男性に乳がんのリスクがあまりないことも知っておきましょう。