月別アーカイブ: 2018年9月

「パチッッッ!」と来るスピットバックの原因と対策をまとめてみた

健康を維持するために、産業用ヘンプから生成されるCBD製品を使う方が増えてきていますね。2013年前後は、飲むタイプが主流でしたが、現在ではVape用CBD リキッドをはじめ多くの選択肢があります。

リキッドはヴェポライザー機器で電子タバコ用に喫煙する新しいタイプのサプリメントです。濃度は1〜6%程度で、フレーバーが豊富なので「せっかくなら楽しみながら摂取したい!」という方に人気があります。

喫煙タイプも一長一短で、特に「スピットバック」で悩まされている方も多いと思います。

スピットバックで火傷?原因を探ってみた

パフボタンを押すと「バチッッ!」と熱くなった経験は誰しもあるハズです。

まずは、スピットバック現象が起こる原因を探っていきましょう。

コットンの濡らしすぎ

原因の1つに、アトマイザー内のコットンが濡れすぎていることです。一度にリキッドを含ませすぎるとミストが追いつかず、スピットバックの原因になってしまいます。

余分なリキッドを落とす、コットンを多めにすると抑えることができます。

コイルが冷めている

吸い方も大事になってきます。コイルが冷めている状態で吸っていませんか?吸い方が遅すぎる場合も、コイルが十分温まっていないためバチッッッときてしまいます。

深く長く、遅すぎないように気をつけながら吸うのがコツですよ。

ワッテージが高すぎる

以上のようにコットンとコイルがちゃんとしている場合は、ミストの量が多すぎることが原因で、ワッテージ(抵抗値)を下げて温度が上がりすぎないようにすると防止することができます。

また、ワット数が高すぎると喉の痛みやむせる原因になるので注意が必要です。

まずは20ワットを目安に、自分にあったセッティングを見つけることが大事です。

防止策は?

ドリップチップを変える

以上の3つを試してもダメって時は、スピットバック防止用の「ドリップチップ」を取り替える方法がてっとり早いですよ。

*ドリップチップ=吸い口

スピッドバッグはしばらくほったらかしにしたVapeデバイスで起こりやすいので、久しぶりに使う場合、はじめの1服は吸い口に近づける前にボタンを押して一旦パフさせてから吸うとイイです。

コイルの特製やリキッドの濃度によっては起こるかもなので、どうしてもスピットバックしてしまう場合は長めのドリップチップに変えるとイイでしょう。

スピットバックしにくいVape・ヴェポライザーを選ぶ

ジャストフォグ「フォグワン」はもともとスピットバック防止機能が装備されているのでオススメです。軽くパチパチいうときもありますが、熱すぎて吸えないことはありません。

液漏れもしない名機なので、初めての方にも玄人の方にもオススメのデバイスです。

記事:スピットバック防止機能がついた Vapeデバイス「フォグワン」のレビュー

1瓶でどれくらい「持つ」?

PharmaHemp PREMIUM BLACKは、高濃度なのでコンパクト。持ち運びにも楽チンで、10mlあたり500mgのCBDが配合されているオイルです。

少ない量も濃度が高いので、1瓶とVapeデバイスを持ち歩くスタイルは人気があります。

1瓶=10ml です。

まずは1本買ってみよう!と思っているであれば、どれくらい「持つ」のか、気になると思います。10ml のCBD リキッドで何日使えるのか?論理的にまとめていこうと思います。

個人差があるのは仕方ない

ぶっちゃけ目安なので、体感に必要な量は人それぞれ違います。

ということで「何回Vapeを使う?」というポイントで計算していきます。

だいたい20〜25ml がスタートの目安量です。詳しくはこちらをどうぞ↓

記事:摂取量

メディカルグレードのペーストもありますが、日本人の量って外国の方と比べて違うと思うんです。

アトマイザータンクを「目」で測る

アトマイザーはクリアロマイザーとRBAの2種類のタンクがあります。

JUSTFOG FOG1

クリアロ・タンクで測る

たとえば人気のジャストフォグ「フォグワン」のタンクは2㎖です。

マックスまで5回入れることができますね。1タンクを1日で使いきるくらい吸うと5日間、2日で10日は持つことになりますね。

少ない量で効率良く摂取するために2〜3日おきに吸う方法が注目されています。

マイクロドージング(少量摂取)です。

たとえば3日おきにタンクを半分で満足できれば、1か月間持つ計算になります。

たくさん吸う人と、マイクロドージングの場合を比較してみましたが、

5〜30日くらいの平均とすると、だいたい多くの方が「20日前後は持つ」のではないでしょうか。


商品詳細 JUSTFOG FOG1 Color:Black

iStick Pico 21700

iStick Pico 21700 を参考に考えてみましょう。

4㎖ のタンクで、基本的には先ほどのフォグワンと一緒です。1日で1タンク使えば1瓶で2.5日間は持ちますし、2日であれば5日間で使いきる計算になります。

スポイトの量を知っておくと便利

スポイトをマックスで吸いとってどれくらいの量か、知っておくとイイでしょう。

10㎖ のボトルで、何回スポイトを使えるのか大体を計算しておけばオッケーです。

RDA で計算してみる

タンク式よりRDAアトマイザーの方が、CBD リキッドは長持ちするそうです。

私はクリアロ・タンク(JUSTFOG FOG1)なので実感ありませんが、初めてRDAを試す方は「少ない量で満足できるからコスパもイイ」と感じるそうです。

面倒でもRDAの世界に踏み込んだ方が、リキッドも少ない量で済みますね。

結論

1瓶で10㎖ 前後は持つ。

吸おうと思えば1瓶を1日で使いきることができます。また、1日1㎖ 吸う方であれば10日間は持ちますね。

だいたい10日間くらいを目安に使いきる。そう計算しておけば、使いすぎる心配もありませんね。大人1人の最大量は1.280㎖ と言われています。まるまる1瓶を一気に吸っても500㎖ なので、過剰摂取を心配する必要はありません。

とはいえ、個人差がありますし、できるだけ効率良く摂取するためにも、CBD量を把握しておくとイイかと思います。

コンパクト!JUSTFOG ミニフィット・スターターVape【レビュー】

周囲の人々に配慮しながらもタバコを楽しみたい場合に、おすすめされるものが電子タバコです。電子タバコは、どうしても薄いと感じてしまうものですが、より実物のタバコを吸った時と同じような感覚を楽しみたいと考えてCBDリキッドを使っている人も多いでしょう。

CBDリキッドは、電子タバコで水蒸気化させて摂取することで、タバコの成分をより効果的に、かつ少量で早く満足することができるものです。

このCBDリキッドを、日常的に使う際に問題となるものが、その「大きさ」でしょう。機能的な問題によりどうしてもタバコよりも大きく使い勝手が悪いと感じてしまいます。

そこでおすすめされるアイテムが、スターターキット「ミニフィット」と「C601」です。

JUSTFOG Minifit Kit

ミニフィットのスターターキットとは、タバコのような吸い方を好む多くのユーザーを満足させるために多くのアイテムを作り出しているJustFog・ジャストフォグが生み出したアイテムのひとつです。ジャストフォグでは、ニコチン濃度が高い、あるいはメンソール感の強いリキッドを楽しみたいユーザー向けのニコチンフィーダーという点は変わりませんが、その特徴として軽量でコンパクトなサイズということが挙げられます。

簡易的なデバイスなので、それ前のアイテムも十分小型ではありますが、ミニフィットのスターターキットはUSBメモリほどのサイズしかありません。若干厚みはありますが、携帯性に優れていることは確かで、相当コンパクトであることは確かです。ポケットや懐に忍ばせていても全く気にならないサイズ感が魅力となっています。小さい分機能性が心配されますが、その心配もありません。そのほかの簡易デバイスと同様にバッテリー容量が370mAhで、かつリキッド容量1.5mlを確保しているため、利便性も十分です。

スターターキットでは、この小型のミニフィット本体とpod式アトマイザー、充電用USBケーブル、バッテリー、ユーザーマニュアルといった最低限の内容物がシンプルな白い箱の中に詰められています。

使い方は、それまでの簡易デバイスと同様にリキッドチャージをしてから本体バッテリーに装着して使います。リキッドを容量いっぱいの1.5mlほど注ぐと、リキッド燃料がよいため、1時間から2時間ほどかけて吸うことが可能です。サイズの小ささ比べて持ちがよいという印象を受けるでしょう。

充電も70%から30%ほど残ります。味は、簡易デバイスということで、どうしてもタバコよりも薄く感じてしまいます。しかし、小さいわりにシャープな味を味わうことができるので、より本格的な味を楽しみたいならば、CBDリキッドを簡単に持ち運べるのでおすすめです。

サイズ:H70×W21×D15mm
重量:19.9g
出力モード:定電圧出力 3.4V
リキッド容量:1.5ml
リキッドチャージ:Pod ボトムフィル
エアフロー:ボトムフロー(調整不可)
コイル:カートリッジ内臓 1.6Ω ニクロムワイヤー
充電ポート:microUSB(DC 5V/1A)
バッテリー:370mAh
保護機能:短絡保護、オーバーヒート保護、過放電保護、過充電保護、オーバーボルテージ充電保護

JUSTFOG C601 Sporty Pod Mod

JUSTFOG(ジャストフォグ)のコンパクト Vape「C601」も見逃せません。

ホルダーがクリップ式なので、カバンのベルトに挟んで持ち運びできます。

スポーツタイプと言うだけあって、登山にCBDを持って行く際に使えます!

コイルの抵抗値は1.6Ωと低いため、CBDに合う味重視の仕様になっています。

ポッドサイズ:33 x 17 x 33mm
MODサイズ:33 x 22 x 58mm
リキッド容量:1.7ml
抵抗:1.6ohm(内蔵)
電圧:3.5V
バッテリー容量:650mAh

Justfog C601バッテリー
ポッド
USBケーブル
ユーザーマニュアル

➡️ コンパクトなVape・スターターキット「ミニフィット」「C601」の通販はコチラから

CBDパウダー|ファーマヘンプ クリスタル 1000㎎【レビュー】

【CBD POWDER】Pharma Hemp CBD CRYSTALS99.6% 1000MG

リラックスアイテムとして今話題のCBDとは、ヘンプに含まれる成分でカンナビジオール(Cannnabidiol)の略称です。麻の成分は色々な目的で研究が進んでいます。リラックスして深く眠れるとか、うつ症状や慢性的な痛みを軽くできると言われています。精神作用がないCBDはヘンプから取れるカンナビノイドのひとつです。

ヘンプ由来の植物性カンナビノイドの他に、人間の体内でもカンナビノイドは作られます。それは内因性カンナビノイドと呼ばれています。体内で何らかの原因でカンナビノイドが作られなくなると、カンナビノイド欠乏症となり現代人に多い病気や老化によって引き起こされる様々な病気の原因となると考えられています。

そこでCBDパウダーやCBDクリスタルなら、手軽に不足しているカンナビノイドを摂取することが可能となります。CBDパウダーは一般的なオイル状のものとは違い、純度の高いパウダー状になっています。

ファーマヘンプ社製 ヘンプCBDクリスタル・パウダー 99.6% 1000㎎

どうしても市販のCBD リキッドじゃ満足できないって方も、中にはいらっしゃるかもしれません。

メーカーによって違いますが、だいたい濃度は5%前後がマックス。そこで純度99%のCBD結晶・粉末で濃度を引き上げると体感アップが期待できます。

使い方

その使い方は、オイルやペーストと同じようにそのまま舌の下に入れて経口摂取したり、吸うタイプのCBDリキッドに溶かしたりと使い方は色々です。

経口摂取

何かに混ぜるばかりでなく、CBDクリスタルを削ってそのまま舌下に入れるのも、オイルのような苦みがなく抵抗がありません。

無味無臭のパウダーのため、料理に加えたり、コーヒーに溶かしたりもできます。飲料タイプのオイルに溶かしても使用します。

また、料理に混ぜ込んだり、バターに溶かしてクッキーにすることもできます。溶かす相手は油分を含むものの方がよく溶けるので、ココナッツオイルなどに溶かすのがおすすめです。

ガラスパイプでそのまま吸う

パウダーならではの使い方としては、CBDは160度~180度で気化するので、ガラスパイプで気化させる方法があります。何も混ぜずに使用するので純度の高いCBDだけを楽しむことができます。

Vape リキッドに混ぜて濃度アップ!

Vape・ヴェポライザーで使用する時には、リキッドに溶かせば色々なフレーバーを楽しむことができます。

PG・プロピレングリコールに溶かす

リキッドとして使用するには、まずプロピレングリコールに溶かしてから、CBDオイルと同様に使用します。他にもリキッドを自作する方法があって、全部で3つの方法があります↓

高濃度CBDリキッドの作り方!スピリタス・PGでパウダーを溶かす

一方、CBDクリスタルは純粋なCBDを結晶粉末化させたもので、単体で使用した場合には一定量までは使用料と得られる効果が比例して上昇しますが、一定量を超えるとその有用性が減少してしまう釣鐘状用量反応が見られます。

このようなCBDクリスタルのデメリットは単体での使用を避ければ解消されると言われています。

フルスペクトラムであれば釣鐘状用量反応は起こりません。

記事:フルスペクトラムとは?

CBDクリスタルは、オイルやリキッドのような液体ではないので、持ち運んでもバッグの中でこぼれたりすることもなく、扱いやすいのではないでしょうか。このようにCBDクリスタルは幅広い用途で使用することができ、メリットも多くあります。

【CBD POWDER】Pharma Hemp CBD CRYSTALS99.6% 1000MG

高濃度CBDリキッドの作り方!スピリタス・PGでパウダーを溶かす

CBDとはどんなものかご存じですか。CBDはカンナビジオールの略で、産業用ヘンプの成分のひとつです。ヘンプの成分と聞くと、脱法ドラッグなどの禁止薬物が連想され、危険なイメージがある方も多いのではないでしょうか。

ヘンプの成分の中で日本の法律が禁止している成分は、THC(テトラヒドロカンナビノール)という成分であり、共にヘンプに含まれる成分ですが、CBDは安全で、精神・神経系への悪影響はないとされています。

CBDは、てんかんの発作が抑えられたり、痛みやストレスを軽減させ、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に対する研究も進められている、有効成分のひとつです。

医療としてCBDが使われているのは欧米を中心とした「ヘンプ先進国」なので、日本ではサプリメントとしての表現を超えることができません。過剰な期待をさせるような言葉は、薬機法で禁止されています。

CBDには、オイルタイプやクリームタイプなどがあり、オイルを舌の下に垂らすことにより直接口から摂取したり、クリームを皮膚に塗ることで体内に摂取することができます。

さらに注目されているのが、リキッドや粉末状のものです。

CBDリキッドは、ヴェポライザーのVAPEを使って、電子タバコのように蒸気にして摂取する方法で注目されています。ヴェポライザーというのは、吸入器具のことを指します。口からの摂取に比べ、CBDの成分の吸収率が高いのが、蒸気を肺から吸収するVAPEを使った摂取方法です。

VAPEを使って、よりCBDの作用を「生活レベル」で感じられるために必要なこと。それをお話していきます。

CBDリキッドには様々な濃度のものがあります。CBDリキッドを試してみて、あまり効果を感じられないというときにすすめられるのが、CBDの濃度を高めるということです。

CBD リキッドを超高濃度に!自作する3つの方法

CBDリキッドの濃度を高くする方法として、CBDパウダーを利用する方法があります。CBDパウダーは、ヘンプから抽出された成分を精製したもので、純度99パーセントの結晶粉末です。オイルやリキッドはこれを加工して作られます。このCBDパウダーをお湯で溶かしたり、PGやお酒と合わせて濃度を高くしたり、自分好みのリキッドを作ることができます。

①湯煎で溶かす

CBD クリスタルの場合は一番簡単な方法です。暖かいお湯で素早く溶かすことができます。

作り方は簡単で、リキッドに粉末結晶を入れて瓶ごと温めます。あまり結晶を入れすぎないことがコツで、まずは10%程度を目安に作ってみましょう。

成分が結晶化したときにも使える方法です。

②PGに溶かしてリキッドに混ぜる

PGは、リキッドの薄め液としても使われるプロピレングリコールです。

CBDパウダーを溶かすときに気をつけることが、リキッドには溶けないという点です。PGに入れた場合は、長時間結晶化することなく溶けてくれますが、リキッドと合わせるときは、アルコールでパウダーを溶かしてからリキッドと合わせるのがポイントです。

③スピリタス・高アルコールに溶かして混ぜる

アルコールは度数の高いスピリタスを使うとすぐに溶けます。アルコール成分も一緒に吸引するのかと心配になりますが、アルコールは揮発してしまうので、吸引した際に酔うなどの心配はありません。

アルコールでCBDパウダーを溶かしたあと、リキッド合わせることで高濃度のリキッドが出来上がります。高濃度のCBDを摂取することにより、よりCBDの恩恵を感じることができるでしょう。

記事:クリスタル記事

国内で通販できるCBD リキッドすべて見せます・厳選12販売店

解禁した頃と比べ、通販できるサイトが増えてきました。

楽天やアマゾンをはじめ、ドンキ・ホーテなど売ってるかもしれないサイトが多すぎてドコで購入すればイイのか迷う・・・。

というワケで、国内で手に入るCBDリキッドをすべてこの記事に詰め込みました。

多分これ以上詳しい情報はないでしょう。

割引率や送料、1㎎あたりのコスパなど、徹底的にご紹介していきます。

*1日あたりの目安は20㎎(メーカー推奨)で計算

CBD Lab:ファーマヘンプと言えばココ!

いわずと知れたファーマヘンプ社の正規代理店。

ファーマヘンプ プレミアムブラック・リキッド

一番人気は当サイトのトップでもご紹介している「プレミアムブラック」ですが、

価格:9,800円(内税)
販売価格:9,800円(内税)
1㎎あたり:19.6円
1日あたり:392円

PharmaHemp E-LIQUID CBD5% (500mg) PREMIUM BLACK CANNABIS 10ml / プレミアムブラック カンナビス風味

ライムフレーバーは割引価格で手に入ります↓

価格:9,800円(内税)
販売価格:9,000円(8%OFF)
1㎎あたり:18円
1日あたり:360円

PharmaHemp E-LIQUID CBD 5%(500mg) PREMIUM BLACK LIME FLAVOR 10ml / プレミアムブラック ライムフレーバー

他にもプレミアム系は14種類の商品があります。

プレミアムシリーズの一覧はコチラ(当サイト・トップページ)から

ファーマヘンプ CBD リキッド

5%濃度

ヘンプフレーバーの5%も根強い人気ですね。

価格:9,800円(内税)
販売価格:9,800円(内税)
1㎎あたり:19.6円
1日あたり:392円

5%CBD配合 ヴェポライザー用CBDリキッド カンナビス・ヘンプフレーバー CBD500㎎

5%濃度は合計で7種類のフレーバーがあって、3%濃度よりコスパがイイです。

  • 5%CBD配合、ベポライザー用CBDオイルリキッド ブルーベリーフレーバー CBD500㎎
  • 5%CBD配合、ベポライザー用CBDオイルリキッド ペパーミントフレーバー CBD500㎎
  • 5%CBD配合、ベポライザー用CBDオイルリキッド シトラスフレーバー CBD500㎎
  • 5%CBD配合、ベポライザー用CBDオイルリキッド アップルフレーバー CBD500㎎

3%濃度

価格:7,800円(内税)
販売価格:7,800円(内税)
1㎎あたり:26円
1日あたり:520円

3%CBD配合 ヴェポライザー用CBDオイルリキッド カンナビス・ヘンプフレーバー CBD300㎎

他にもストロベリー、ペパーミントがあります。

  • 3%CBD配合 ヴェポライザー用CBDオイルリキッド ストロベリーフレーバー CBD300㎎
  • 3%CBD配合 ヴェポライザー用CBDオイルリキッド ペパーミントフレーバー CBD300㎎

Vape Mania:Vapeデバイスとリキッドのマイスター的存在

できるだけ美味しくいただいて欲しい!というスタッフのスローガンの元、CBDカルチャーの最先端を行くマイスター。

Koi Vape Juice CBDやNATUuR(ナチュール)など、日本最大級の品揃えが魅力。

Koi Vape Juice シリーズ

3.3%濃度

Koi(コイ)の中でも一番人気が「Blue」。30㎖に1000㎎のCBDを配合。

価格:12,800円(内税)
販売価格:11,500円(10%OFF)
1㎎あたり:12.8円
1日あたり:256円

BLUE Koi CBD 1000MG (30ml)・ブルーラズベリー&ドラゴンフルーツ味

他にも6種類のフレーバーがあります。

  • PINK Koi CBD 1000MG (30ml)・ピンクレモネード味
  • RED Koi CBD 1000MG (30ml)・ストロベリーミルクシェーク味
  • GOLD Koi CBD 1000MG (30ml)・バニラキャラメルカスタード味
  • JADE Koi CBD 100MG (30ml)・スイカ&グリーンアップルサワー味
  • WHITE Koi CBD 1000MG (30ml)・ノンフレーバー味

1.7%濃度

1.7%濃度は30㎖に500㎎のCBDを配合。

価格:7,500円(内税)
販売価格:7,000円(6%OFF)
1㎎あたり:15円
1日あたり:300円

BLUE Koi CBD 500MG (30ml)・ブルーラズベリー&ドラゴンフルーツ味

他にも6種類のフレーバーがあります。

  • PINK Koi CBD 500MG (30ml)・ピンクレモネード味
  • RED Koi CBD 500MG (30ml)・ストロベリーミルクシェーク味
  • GOLD Koi CBD 500MG (30ml)・バニラキャラメルカスタード味
  • JADE Koi CBD 500MG (30ml)・スイカ&グリーンアップルサワー味
  • WHITE Koi CBD 1000MG (30ml)・ノンフレーバー味

0.8%濃度

お試しサイズの0.8%濃度は30㎖に250㎎のCBDを配合。

価格:4,780円(内税)
販売価格:4,280円(10%OFF)
1㎎あたり:19.12円
1日あたり:382円

BLUE Koi CBD 500MG (30ml)・ブルーラズベリー&ドラゴンフルーツ味

*お試しサイズはBlueのみ。

NATUuR CBDリキッド

420とプレミアムシリーズの2種類あります。リキッドの他にも使いすてペンや固形CBDワックスもあって、「わかってるな〜」って感じのラインナップ。

420シリーズ

ナチュールの一番人気は420シリーズの「パープルヘイズ」。

4.2%濃度は10㎖に420㎎のCBDを配合。

価格:7,580円(内税)
販売価格:7,580円(内税)
1㎎あたり:18円
1日あたり:360円

NATUuR CBD E-Liquid 420 #PurpleHaze(ベリーカンナビス)10ml

420シリーズの「メリージェーン」は文句なくクラシック。

4.2%濃度は10㎖に420㎎のCBDを配合。

価格:7,580円(内税)
販売価格:7,580円(内税)
1㎎あたり:18円
1日あたり:360円

NATUuR CBD E-Liquid 420#MaryJane(カンナビス)10ml

420シリーズは他にも

  • NATUuR CBD E-Liquid 420#Original Leaf(グレープフルーツ&カンナビス)10ml
  • NATUuR CBD E-Liquid 420#Pure
  • NATUuR CBD E-Liquid 420#LEMON OG 10ml
  • NATUuR CBD E-Liquid 420#StrawberryCough(ストロベリーカンナビスフレーバー)10ml
  • NATUuR CBD E-Liquid 420#Skunk(スカンク) 10ml

など全部で7種類あります。

プレミアムシリーズ

プレミアムシリーズの「パープルヘイズ」も気になりますね〜。

2%濃度は10㎖に200㎎のCBDを配合。

価格:4,580円(内税)
販売価格:4,580円(内税)
1㎎あたり:22.9円
1日あたり:458円

NATUuR CBD E-Liquid Premium 200MG 10ml #PurpleHaze(ベリーカンナビス)

他にも

  • NATUuR CBD E-Liquid Premium 200MG #MaryJane(カンナビス)10ml
  • NATUuR CBD E-Liquid Premium 200MG 10ml #Original Leaf
  • NATUuR CBD E-Liquid Premium 200MG 10ml #High Menthol
  • NATUuR CBD E-Liquid Premium 200MG 10ml #LEMONOG(レモン+カンナビス)
  • NATUuR CBD E-Liquid Premium 200MG 10ml #Strawberrycough(苺+カンナビス)
  • NATUuR CBD E-Liquid Premium 200MG 10ml #Skunk

CBDペン(使いすて)

使いすてのタイプも人気があります。フレーバーは2種類でセット販売もあって、濃度は4.2%。

価格:3,680円(内税)
販売価格:2,980円(19%OFF)
1㎎あたり:-円
1日あたり:-円

  • NATUuR Disposable PEN Ver.2 420#MaryJane CBD4.2%・メリージェン
  • NATUuR Disposable PEN Ver.2 420#SKUNK CBD4.2%・スカンク
  • NATUuR Disposable PEN Ver.2 420#MARYJANE #SKUNK CBD4.2% 2本セット

番外編:固形CBDワックス・シャッター

リキッドではありませんが、取り扱いの少ない超高濃度の「ワックス」タイプがあります。990㎎+テルペン配合のCBDが1gに詰まっていて、少ない量でガッツリ楽しめます。

価格:8,640円(内税)
販売価格:8,640円(内税)
1㎎あたり:17.28円
1日あたり:345.6円

フレーバーは2種類あって、リキッドに溶かして喫煙します。濃い〜ヤツが欲しいって方向け。

  • 【CBDワックス】 NATUuR CBD99% SHATTER WITH TERPENES 500MG スーパーレモンヘイズ
  • 【CBDワックス】 NATUuR CBD99% SHATTER WITH TERPENES 500MG ブルードリーム

【ヘンプナビ(楽天公式)】

スロベニアのルーキー的な「ベイプナチュラ社」のリキッドがあって、個人的にも大好きなストレインですね。最近5%濃度が出たので体感もバッチリで、コスパもダントツです。

濃度は5、1、0.5%の3種類、フレーバーは2種類あります。

5%濃度

価格:6,980円 (税込)
販売価格:6,980円 (税込)
1㎎あたり:13.96円
1日あたり:279.2円

  • ベイプCBDオイル フェリーナ(ヘンプ風味) 500mg/10ml 高濃度タイプ ベイプナチューラ社
  • ベイプCBDオイル ジュスティーナ(エルダーフラワー風味) 500mg/10ml 高濃度 ベイプナチューラ社

1%濃度

価格:2,980円 (税込)
販売価格:2,980円 (税込)
1㎎あたり:29.8円
1日あたり:596円

  • ベイプCBDオイル フェリーナ(ヘンプ風味) 100mg/10ml ベイプナチューラ社
  • ベイプCBDオイル フェリーナ(エルダーフラワー風味) 100mg/10ml ベイプナチューラ社

0.5%濃度

価格:1,980円 (税込)
販売価格:1,980円 (税込)
1㎎あたり:39.6円
1日あたり:792円

  • ベイプCBDオイル フェリーナ(ヘンプ風味) 50mg/10ml ベイプナチューラ社
  • ベイプCBDオイル ジュスティーナ(エルダーフラワー風味) 50mg/10ml ベイプナチューラ社

【K.style】

最高濃度6.6%!これ以上のヤツはなかなかありません。クーポンも期間限定であるのでお得。フレーバーは

  • メンソール
  • チェリーミント
  • Grape blackcurrant
  • タバコ
  • ストローメロンアイス
  • ストロベリー
  • ナチュラルヘンプ
  • マンゴー
  • フレーバーなし

の9種類があります。

6.6%濃度

価格:11,980円 (税込)
販売価格:11,980円 (税込)
1㎎あたり:11.98円
1日あたり:239.6円

【CBDリキッド】超高濃度 CBD 1000mg/15ml (6.66%) CANNAPRESSO カンナプレッソ E-Liquid

3.3%濃度

価格:7,980円 (税込)
販売価格:7,980円 (税込)
1㎎あたり:15.96円
1日あたり:319.2円

【CBDリキッド】CBD 500mg/15ml CANNAPRESSO カンナプレッソ E-Liquid

1.3%濃度

価格:5,980円 (税込)
販売価格:5,980円 (税込)
1㎎あたり:19.9円
1日あたり:398円

【CBDリキッド】CBD300mg/15ml CANNAPRESSO カンナプレッソ E-Liquid

0.67%濃度

価格:3,300円(税込)
販売価格:3,300円(税込)
1㎎あたり:33円
1日あたり:660円

【CBDリキッド】CBD100mg/15ml CANNAPRESSO カンナプレッソ E-Liquid

【MICK’S(楽天)】

楽天ポイントを使いたいときはココ!

・送料
クロネコヤマト宅配便  一律600円
(5,000円以上で送料無料 ※沖縄・一部離島除く)
※沖縄・一部離島は1,296円になります。

https://www.rakuten.co.jp/micks/

【ノップノップ楽天市場店】

CBD ワックス用のヴェポライザーが揃っています。水タバコ(シーシャ)のセットもあったり。CBDはKoi Vape Juice のみ取り扱い。

https://item.rakuten.co.jp/nopnop/c/0000000300/

【ZIPPY!】

取り扱いの少ないCBD ワックスはVapeManiaとZIPPY!がメイン。

https://www.rakuten.ne.jp/gold/zippy2/

【Greens and Blues】

コアなベイパーに人気のハーモニー社「OG KUSH」を国内で唯一販売してます。

価格:10,800円
ポイント:108ポイント
1㎎あたり:18円
1日あたり:360円

OG KUSHは3種類あります。在庫切れが多いっす。

  • Harmony CBD100mg (10ml)O.G. Kush(Hempの品種)フレーバー VAPE用 E-リキッド
  • Harmony CBD300mg (10ml)O.G. Kush(Hempの品種)フレーバー VAPE用 E-リキッド (CBD3%)
  • Harmony CBD600mg (10ml)O.G. Kush(Hempの品種)フレーバー VAPE用 E-リキッド (CBD6%)

知る人ぞ知るフレーバー「スーパーレモンヘイズ」。

  • Harmony CBD100mg (10ml)スーパーレモンヘイズ(Hempの品種)フレーバー VAPE用 E-リキッド (CBD1%)
  • Harmony CBD300mg (10ml)スーパーレモンヘイズ(Hempの品種)フレーバー VAPE用 E-リキッド (CBD3%)
  • Harmony CBD600mg (10ml)スーパーレモンヘイズ(Hempの品種)フレーバー VAPE用 E-リキッド (CBD6%)

マンゴークッシュなんてのもあります。

  • Harmony CBD100mg (10ml)マンゴークッシュ(Hempの品種)フレーバー VAPE用 E-リキッド (CBD1%)
  • Harmony CBD600mg (10ml)マンゴークッシュ(Hempの品種)フレーバー VAPE用 E-リキッド (CBD6%)

ストロベリーは定番ですがヘンプベーズは珍しい。

  • Harmony CBD100mg (10ml)Hemp Strawberry(ヘンプストロベリー)フレーバー VAPE用 E-リキッド (CBD1%)

オリジナルもあります。

  • Harmony CBD100mg (10ml)OriginalHemp(オリジナルヘンプ))フレーバー VAPE用 E-リキッド (CBD1%)
  • Harmony CBD600mg (10ml)OriginalHemp(オリジナルヘンプ)フレーバー VAPE用 E-リキッド (CBD6%)

最高濃度10%!!!!!!!でも在庫ナシでした^^;

  • Harmony CBD300mg (10ml) VAPE用 E-リキッド ベース用(CBD3%))
  • Harmony CBD1000mg (10ml) VAPE用 E-リキッド ベース用(CBD10%))

う〜んフレーバーが素晴らしいハーモニー社。

  • Harmony CBD100mg (10ml)Moroccan Mint(モロッコミント)フレーバー VAPE用 E-リキッド (CBD1%)

定番のクリスタルパウダーもありました。でもセットの名前間違ってるような・・・。

  • Harmony CBD500mg (99%)クリスタルパウダー(粉末結晶)
  • Harmony CBD(99.9%)1000mg クリスタルパウダー(粉末結晶)500mg×2セット
  • Harmony CBD(99.9%)1000mg クリスタルパウダー(粉末結晶)500mg×2セット

https://store.shopping.yahoo.co.jp/greensandblues/p0naudgekv.html

【Leaf Lives(ヤフー公式)】

ファーマとエンドカのラインナップが揃っています。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/leaflives/

【エリクシノール(楽天)】

アメリカ産の人気のメーカー。最近では表参道の広告やテレビCMが話題になりました。

つい最近、CBD E-リキッドも登場しました。贅沢な一本。

価格:9,504円
販売価格:9,504円
1㎎あたり:31.68円
1日あたり:633.6円

ヘンプCBDリキッド Elixinolレスピラナチュラル 15ml [CBD 300mg]  エリクシノール社製 [OFFICIAL出店]

https://item.rakuten.co.jp/elixinol/10000009/

【ミッキーヘンプ/Mickey Hemp】

アメリカ・コロラド産のレアストレイン「ヘンプルシッド」を唯一取り扱っています。

Hemplucid Vape CBDリキッド

価格:17,900円
販売価格:17,900円
1㎎あたり:11.93円
1日あたり:238円

公式サイト
http://mickyhemp.net/

【CBD本舗】

薬剤師の方が運営。リキッドはKoiがメイン。

公式サイト
http://cbdhonpo.com/

結論:1mgあたりが一番安くてコスパがいいのは?

長々とご紹介してきましたが、激安価格ナンバーワンは・・・hemplucidの1㎎=11.93円でした!

次にカンナプレッソの10%濃度で、1㎎=11.98円。

3位はやっぱりKoi シリーズで、1㎎=12.8円です。

あとはベイプナチュラの1㎎=13.96円です。

フルスペクトラム系のプレミアムシリーズは試してみる価値アリ

 

アトマイザーはクリアロ派だけど、どうやらRDAもイイらしい

CBD リキッドを楽しみたい!となれば、Vapeデバイスに少しはこだわった方が良さそうです。

でも細かいことはやりたくない。という方はクリアロマイザーでもいけると思います。

ってゆーか私はクリアロしか持っていません。

コイル代はかかりますが、RDAをビルド(自作)しない派です。

別売りのコイルを通販するだけでイイので助かります。

クリアロかRDAをビルドするか・・・この2択ですが、ちょっとややこしいのでメリットとデメリットをまとめていきます。

場所によって2つを使い分けるのがベスト

私は基本的にコイルを交換するだけのクリアロマイザーを使っていますが、RDAと使い分けるのが玄人流だそうです。

とにかく忙しいときはペン型のクリアロ機器、しっかりセットして楽しみたいときはRDA機器。

具体的にはクリアロの「フォグワン」や「ミニフィット」をポータブル用に。RDAのiPICOを自宅用に。そんなイメージでしょうか。

クリアロ・ジャストフォグを愛用してます

iPICOと比べるとコイルの消耗が早く、熱くなりやすいデメリットがあります。

ただ、フォグのコイルは続けられる価格ですし、数時間待てば熱も下がってまた使えるようになるのでご安心を。

液漏れもしたことないですし、信頼のできるヤツをお探しの方はオススメです。

コイルの交換は2〜3週間でやってますが、本当はもっと替えた方がイイらしいです。

でもまぁそれくらい節約しながらでも、味をしっかり楽しめるのがフォグワンのメリットと言えますね。

Vapeスターターキット|Just Fog Fog1「フォグワン」徹底レビュー

RDA・iPICO

クリアロ派と言いつつ、試してみたいiPICO。自分でビルドすればもっとイイ時間を過ごせる感じがします。自分で作るのでコストは抑えられます。

一番大きいのは、温度調整できるので、リキッドに合う設定・セッティングで吸えること。

のど越しがスムーズになるメリットは絶対見逃せません。

「マイルドな吸い心地を極めたい!」

そんな人は、思いきってRDAの世界に飛び込んでみてもイイかもですよ。

デメリットは「リキッドの減りが目立つ」、「作るのが面倒」ということでしょうか。

*コイルとウィックが巻いてある商品もあります。

結論

いわゆるバカでかい爆煙MODデバイスはリキッドに合いません。

低抵抗値で出力が高すぎると、熱さで成分が飛んでしまうそうです。

小さめのデバイスでイイんです。でも、味を重視した使いやすいモデルはそう多くはありません。

クリアロ派の方でも、ちゃんとしたヤツでないとコイルがスグ駄目になったりするので注意が必要です。

デバイスで悩むなら、まずはジャストフォグかiPICOの2択で悩みましょう。

ベストは両方を上手いこと使いわけることですが、どちらでも失敗することはないです。

もちろん私のようにクリアロのジャストフォグだけでも全然いけますよ!

目的はできるだけイイ時間を過ごすことです^^

【吸い方のコツ】とにかくスムーズな喉越しと体感を!

CBD リキッドで満足できなかった・・・。たまに見かける口コミです。

また、「プレミアム系は喉が痛くてムセる」というツイートも多々・・・。

吸い方のコツを知らないと、リキッドを無駄にしたり、ベイピングを楽しめなかったりします。

Vapeデバイス本体の温度セット・設定やちょっとした工夫で吸い心地が格段にアップします。

RBAの人や、温度管理できる Vape をお使いの方だけでなくクリアロ派の方も、ご一読いただけると参考になるかと思います。

  • 抵抗のないスムーズな吸い心地を楽しむ方法
  • 満足できないときの対処法

の2つのポイントを詳しくご紹介していきます。

使用前の注意点!

リキッドを使う前に、しっかり瓶を振ってからタンクに補充することはつい忘れがちです。

さらに、冬場で室温が低いと、成分が結晶化してしまいます。そんな場合はお湯で溶かす方法があります。お湯で溶かす方法は軽くこの記事でご紹介しています↓

記事:
CBDリキッドが結晶化した場合、また最後に結晶が残った場合

お湯でじっくり溶かすか、PG(プロピレングレコール)を足すことで、結晶化は解消できますよ◎

*「美味しい」セッティング・吸い方*

電子タバコのように喫煙・吸引するだけなんですが、ちょっとした工夫で美味しくなります。

  1. ベイパー(蒸気)をどうやって肺に入れていけばイイのか
  2. 温度管理や抵抗・ワット数はどれくらいがベストなのか

じっくりご紹介していきます。

肺から吸収させる

爆煙リキッドと違って、「ゆっくり」を意識して吸います。まずはボタンを押してゆっくり長く吸い込みます。スグに吐き出さず、無理のない程度に肺にためて、ゆっくり吐き出します。

ニコチンタバコやプルームテックとは違います。スグ吐き出さずに、肺に留めておきます。できるだけ長い方が、それだけ吸収されやすくなるそうです。個人的には10秒も我慢できれば十分だと思っています。肺に吸収されると、吐き出すベイパーは少なくなります。チェーンでバフバフする爆煙ではありません。

玄人の方は、「鼻から吐き出すことで」粘膜からも吸収させますが、その代わり結構「ツーンッ」とするので、初めての方は無理せず口から吐き出すのがいいかと思います。

セッティング・ワット数など

味重視の設定・セットを極めることがスムーズなベイパーを楽しむ近道です。

ワット数を調整できる「iStick Pico 21700」なんかを使っている人は

ワッテージ
20〜35ワット

抵抗値
0.5〜1オームを目安に調整します。

爆煙ではなく、味重視のセットがベストです。抵抗値もそこまで下げる必要はありません。

使いすて用の交換するだけのコイルをお使いの人は、できるだ高い抵抗のものを手に入れておきましょう!低抵抗値の爆煙MODは、CBDが熱で飛んでしまいますのでご注意ください!

RDAデバイスは温度設定に注意

味重視のセッティングなので爆煙系は必要ありません。ってゆーか熱すぎてイイことありません。

iPICO あたりで間違いありません。コイルを自作する手間はありますが、消耗品が安くなるのでコスパは良くなります。

上記のセッティングで吸うとやっぱり美味しいって感想やレビューが多かったです。

けどリキッドの減りが早くなるのは・・・仕方ないかもしれません。

クリアロでもオッケー!

抵抗値が低すぎると、電圧が強くなり熱が発生してしまいます。クリアロの方は、ちゃんとしてない安いやつだと焦げた匂いがしたり、いきなりバチッッとくるスピットバックに悩まされるのでご注意ください!

クリアロマイザーの人気のスターターキットは Just Fog シリーズでまちがいないかと。

Vapeスターターキット|Just Fog Fog1「フォグワン」徹底レビュー

あとは同じシリーズの「ミニフィット」。名前の通りコンパクトでコアベイパーの間でめちゃくちゃ人気があります。親指サイズで、イイ味出します^^

コンパクト!JUSTFOG ミニフィット・スターターVape【レビュー】

*満足できない場合の対処法・・・*

病院で処方される薬と違い、ガッツリ反応がある、というものではありません。

また、ビールと同じことだと思います。ちょっとで良かったり、逆にいくらでも飲めることもありますね。CBD リキッドも同じように健康状態によって、生活への影響は違ってきます。

まずは、その日の摂取はやめて、次の日も試してみるとまた違う影響があるかもしれません。

まずは2週間は続けてみる

お酒と違い、使い続けることで体内に有効成分が蓄積されていきます。

アルコールは遅くても2日後には無くなりますが、しっかり続けることで生活の変化を感じ取れる可能性が高まります。

使い始めてスグに諦めるのは早すぎます。少なくても2週間、できれば1ヶ月は辛抱強く続けてみていただきたいと思います。

病院で処方される薬のように即効で体調が良くなるものではありません。あくまでもサプリメントなのでじっくり向かい合うことが重要かもしれませんね^^

経口摂取のオイルを試してみる

鼻からがイヤな方はもちろん口からでもイイですし、そもそも煙がどうしても苦手って方は経口摂取するオイルタイプもあります。

ファーマヘンプ プレミアムブラックの飲むタイプも人気があります。濃度は6.6%からあります。

記事:ファーマヘンプ プレミアムシリーズの一覧

飲むタイプは胃や腸から吸収させるので、作用時間が長くなるメリットがあります。ただ、食事の後に飲むと、他の食べ物が邪魔するので多少摂取量が減ってしまいます。

飲むタイプより、効率よく摂取できるミスト(ベイパー)の方が量は少なくて済みます。

量は適切?

成分量を意識することも重要です。メーカーによって違いますが、適切な量は1日あたり20〜25㎎(最低)だそうです。

体調や普段の生活によって適切な量は人それぞれです。ちょっとで満足できる人もいれば、2倍でも満足できない人もいます。

目安として20㎎をじっくり続けてみて、生活にどんな変化が現れてくるのであれば、それがちょうどイイということになります。

そもそも20㎎ってどれくらい?

プレミアムであれば1瓶で20回使える感じです。0.5㎖に20㎎の CBD を配合。Vape機器の中でもコンパクトなミニフィットで計算すると、容量いっぱいに注ぐと1.5㎖なので60㎎の CBD が充填されることになります。

タンクを満タンにして「3分の1の量で1日分の目安(20㎎)」を摂取できます。

「1回満タンにして3日で消費」する計算になります。

目視で確認できるので、ご自分の体質に合わせてみてくださいね^^

記事:1瓶でどれくらい「持つ」?

*まだまだ満足できないって場合・・・*

まだまだ方法はあるのでご安心ください!諦める前に「量を増やす」ことに挑戦してみる価値はあると断言できます。挑戦と言っても単純に純度の高いものを混ぜたり、50%くらいの高濃度を摂ってみたりする方法があります。

量を増やす=高い濃度にする方法・2つ

  1. CBDパウダー・クリスタルで高濃度に自作する
  2. 高濃度オイル・ペーストを試してみる

能書きなしでベストな方法かと思います。

能書きも必要だ!って方は続きを読んでいただけると幸いです^^

「高い濃度をできるだけ続ける」のが近道だと言えますから、イロイロ試してみたけど満足できないって人は、とにかく濃度を上げるといいかもです。

CBDパウダー・クリスタルで高濃度に自作する

パウダーはピュアな成分99%で、リキッドに溶かして高い濃度するのに使います。特に最近人気なのはファーマヘンプのCBDクリスタル。好みにあった濃度に簡単に作ることができます。

ファーマヘンプ社製 CBDクリスタル・パウダー 1000㎎

1000㎎の純度99%。一番ベーシックな方法で、スピリタスや PG を使うと簡単に高濃度リキッドをミックス可能です。

リキッドはもちろん、そのままエディブルできるので料理やコーヒーに混ぜて使えます。

  • 価格:16,800円
  • 販売価格:15,120円(10%OFF)
  • 1㎎あたりのコスパ:15.12円
  • 1日分(20㎎)あたり:302.4円

今スグ通販:PharmaHemp CBD Crystal Powder 1000㎎

そのままガラスパイプや専用のヴェポライザーで喫煙できますが、ちょっと物足りない感があるので、満足感を重視するなら、リキッドの濃度を高めて摂取量を増やすのが一番の近道です。

オーソドックスな作り方を3つくらいにまとめています↓

高濃度CBDリキッドの作り方!スピリタス・PGでパウダーを溶かす

10 ~ 15パーセントにすればケッコーがっつりな煙になりますよ!

高濃度メディカルオイル・ペーストを試してみる

欧米で医療用にも使われている高濃度・大容量のオイルで、価格設定は高いんですが結局はまとめ買いなのでお得です。1㎎あたりのコスパも他の製品と比べても安上がりです。

最高濃度は50%で、満足できないって人以外にも

  • 大切な人にあげたい!
  • できるだけ安い買い物がしたい
  • 震災の備えに持っておきたい

って方は思いきって買ってみるのもアリかと思います。

思いっきりダイレクトに恩恵を受けることができます。過度な期待は禁物ですが、多くの疾患に対する研究が進められているサプリメントなので安全性は抜群に高いと思います。

*海外ではてんかんの「薬」として病院で処方されているそう!最近の話!ビックリ!

Pharmahemp CBD Paste 50%・経口摂取・高濃度メディカル仕様

メディカル系20 ~ 50パーセント濃度の超濃縮オイル。目盛りがついているので、オイルより経口摂取しやすい。

ペースト状なので CBDペーストと呼ばれる。1㎎あたりのコスパもいいので、まとめ買いのつもりで備蓄するスタイルを提案します。実際私もファーマヘンプ製品に助けられる瞬間がありました。

  • 価格:43,200円
  • 販売価格:39,800円(7%OFF)
  • 1㎎あたりのコスパ:17.28円
  • 1日分(20㎎)あたり:345.6円

今スグ通販:50% CBD Golden Amber Paste CBD2500mg/5ml 純度99%CBDクリスタル使用

コスパ比較:

北海道地震を経験して、防災用に保存しておくのもアリだと思っています。震災後数日はお酒を飲む気にもなれず、ピリピリした感じだったので、備えとして持っておくスタイルが賢いのでは?と本気で思っています。ビール代わりにひと息つけて助かりました^^

養命酒に近い感覚でしょうか↓

記事:リラックスするコツ

最後の手段・違うメーカーを試してみる

原料の栽培方法や製造方法が違うので、メーカーが違うだけで吸い心地や健康メリットが違ってきます。CBDメーカーをイロイロ試してみることで、自分にあったCBD リキッドを見つけることができます。今のところ国内で買えるのは、ファーマヘンプの他にもたくさんあります。

アメリカ産の「Koi Vape Juice CBD」やオランダ産「NATUuR」を始め、カンナプレッソ、ベイプナチュラなどあります。

とりあえずファーマヘンプのプレミアムブラック以外でオススメするなら、ベイプナチュラの高濃度リキッドがイイかと。吸いやすいですし、ミックスにも使えますしね。

国内で通販できる12店舗を一挙公開!

ファーマヘンプのプレミアムリキッドとベイプナチュラの相性は抜群で、「喉がきついな」ってときに「ちょっと薄くする」ことで、プレミアムリキッドの吸い心地がアップ。PGで溶かすと濃度が低くなってしまい、ちょっともったいない感じがするので、私は相性のイイリキッドと混ぜて高濃度のまま楽しんでます。

クリアロマイザー・スターターキットを使っている方にもオススメの自作方法です。温度管理のできないVapeデバイスで、むせやすくて困っている方に、1本あると使えるリキッドです。

ただまぁプレミアムシリーズがベストかと存じます。

高濃度テルペンも配合したフルスペクトラム。正直これ以上を探し求めても徒労に終わることがわかりました・・・。

美味しいカレー探すなら本場より日本で探したほうが早い、みたいにあれこれ迷うより恵まれた環境に感謝しつつ、プレミアムリキッドを選んでおくと正解かもしれません。

なんと言っても注目のフルスペクトラムですから。コーラがCBDオイル入りの製品を検討しているくらい、世界中で注目されています。

*コーラにフルスペクトラムCBDオイルを配合>2018年9月18日、日本でも話題になりました。

フルスペクトラムのメカニズムを知ればきっと気になるハズ。まとめました記事はコチラです↓

プレミアム+コンパクト Vape でこんなスタイルどうですか

私も普段から吸い心地を意識しつつ、コンパクトなミニフィットで吸ってます。

最近のお気に入りは自然の中で一服で、晴れた日にアオサギのいる池のベンチで、すべてを忘れてイイ時間過ごしてます。デスクワークのわずかな隙間で過ごす最高の時間です^^

周りに誰もいないか確認してじっくり吸いこんで「プハ〜ッッッ!」と鼻から濃厚な煙を吐きだしてしばし沈黙を楽しむ・・・。

メロー好きの方は是非お試しいただきたいっすね〜。

できるだけ小さく、少ない量で満足できるセットだと思います。

ライムフレーバーが8%オフになってるので今のうちにどうぞ!

ご愛読ありがとうございましたーーーー!!!!!

通販はこちら:【 8%OFF !!! 】ライムフレーバー 5%・500㎎/10㎖・Premium Black CBD E-Liquid

記事:プレミアムシリーズ16商品を比べてからにする

なまけ者の暇つぶし

そもそも暇を持て余してるって方は・・・→ 資産運用で遊んでみませんか?

Amazonで7.580円で売られてる CD を1.500円で買う方法【資産運用】

Vapeスターターキット|Just Fog Fog1「フォグワン」徹底レビュー

CBDリキッドの吸い心地に悩みを持っている方は非常に多いのではないでしょうか。そんなときは、Vapeデバイス本体の選択が重要になります。成分量や濃度が高いほど喉の痛みを感じます。そんなときにはJust FogのFOG1がおすすめです。

FOG1は電力供給の役割を果たすバッテリーと、リキッドを気化させる役割を果たすアトマイザーが一体化しているため、すべてが一本で済む手軽さが魅力です。全長113.5mmとコンパクトで、ポケットにも簡単に入れられるサイズのペンタイプです。オーバーヒート保護機能や過充電保護機能、過放電保護機能、スピットバック防止機能まで備えているので、安心して使うことができます。チャイルドロック機能もついているので、子どもの怪我を防ぐ効果も期待されます。

さらに、バッテリー容量1500mAh、リキッド容量は約2mlと、1日使う上では十分に蓄えておくことができます。また、定電圧出力も魅力的なポイントです。従来製品であるとバッテリーから直接出力する直接電圧出力が主流であり、バッテリーの量によって味が変わっていました。同じ電圧で出力し続けることで、同じ味を楽しみ続けることのできるメリットがあります。FOG1の出力電圧は約3.46Vです。

さらに、FOG1は塗装にもこだわりを見せています。塗装に採用されているのはPVDブラックコートです。PVDというのは物理蒸着法を意味していて、FOG1では電気を使って金属蒸気を蒸着させる真空蒸着を用いています。使われている金属の種類については非公開となっておりますが、傷のつきにくく硬いコーティング技術が採用されています。

9か月使ってみた感じ、ポケットの中に入れて持ち歩く分には、傷もほとんどつかずに使用を続けることができるのではないでしょうか。

さらに、見た目は黒とシルバーで統一されたシンプルなデザインです。ロゴも目立たず、全体の統一感を損ないません。

最後に一番大切な味ですが、多くの方から、吸いやすく味もいいと大変高評価を得ています。特に、ミスト量を少なくしてCBDリキッドを楽しむ方にはおすすめで、いわゆる爆煙ではなく「味重視」なのがポイントです。

FOG1は2種類のコイルを自由に付け替えて味を楽しむことができますが、どちらのコイルでもミストは1発でかなり満足できるレベルです。味も濃すぎず、程よくCBDリキッドの味を堪能できるくらいな感じなので、CBDリキッドで喉を痛めがちの方にもおすすめです。

また、CBDリキッドを新しく吸い始めた方にも、吸いやすさから始めやすいスターターキットとして人気です。

➡️ CBD リキッドにおすすめのVape・スターターキット「FOG1」の通販はコチラから

カンナビノイド足りてますか?慢性的に不足すると・・・

ヘンプは昔から人間と一緒にありました。食べられる、着られる・・・などなど昔の人たちは生活の資源として栽培してきました。

アメリカでも100年ほど前までは、薬局で売られているサプリメントでした。なんとお医者さんが処方箋を出してくれていたそうです!

ところが1930年を過ぎると、無理な税金上げが起こり、農家が極端に減少。生産されないものは、どんどん忘れてしまいます。

いよいよ少なくなると、普段の食卓に上ることがなくなり、慢性的にカンナビジオールが不足になっていきます。

同じことが日本でも起こっています。

麦にも含まれるCBD。どんな原料かは関係なく、カラダはある意味「自動的に」エンドカンナビノイドシステムと作用します。

それくらい身近なものだってことですね。

*エンドカンナビノイドシステム=ECS

ECSとは?

健康を維持するために必要なカラダの「機能」のことを指します。

ECSは2つの「受容体」のことです。

受容体とCBDが相互作用することで「バランスに影響するんじゃない?」くらいまで研究からわかっています。

使いつづけることで、生活のバランスが整ってくる

最先端の研究でわかっていることを、薬機法にひっかからない表現で表すと「生活のバランスが整ってくる」。という表現に尽きます。

欧米を中心とする「ヘンプ先進国」ではさまざまな疾患に対する研究が進められています↓

欧米では「てんかん」の薬として、再認識されています。再び病院でCBDを処方しているそう。ですが、まだ日本では自由に表現することはできません。サプリメントですから、あくまでも。

世界は進んでますね〜

日本人をはじめ、ヘンプが食卓に上らない国は慢性的に成分が不足しています。

本質的な部分で不足しているもの

ヘンプを口にする機会が極端に減った結果、私たちは知らないうちに「バランス維持」が下手になっています。

「バランスの維持」ってある意味、人間の本質だと思いませんか?

不調の原因はバランスの乱れによることが多いからです。ホルモンバランス、朝昼夜のバランス、静動のバランス・・・。ある意味自動的にやってくれるハズの「バランスの調整作用」が弱くなるとカラダに不調が現れてきます。

だとすれば、CBD成分の受け皿でもある「受容体」が人間の「本質」なのでは・・・。そう言い換えることもできるハズです。というか、結論はそれです。

あなたは、カンナビノイド足りてますか?足りてなさそう・・・って方は、サプリメントで「サクっと補うスタイル」はいかがでしょうか?